ごあいさつ

明治39年に創業者の池田松次郎が、富山の伝統産業である配置薬販売業を志し、「先用後利」の理念のもと、「カネサン」の屋号で全国に販路を切り開き、その後販売を後継者に託して、自らは医薬品製造に着手しました。 そして、昭和22年3月に株式会社 廣昌堂を設立してから60有余年の長きに渡り、お客様の信頼に応えられる製品づくりに努めてきました。

当初は配置用医薬品を中心に製造してきましたが、創業者の子息が薬店向医薬品卸会社を設立したことを機に、早い段階で、OTC医薬品の製造にも挑み、今日に至っております。“ づつうにノーエチ ”と、大変幅広い層のご愛用者様から長く親しまれた解熱鎮痛薬のほか、かぜ薬、鎮咳去痰薬を中心として、散剤、顆粒剤、錠剤等様々な剤形で取り揃えて、ご好評を頂いています。また一方で以前より医薬部外品や化粧品ジェルの製造にも着手し、この分野においても更なる成長を目指しているところです。

薬事法の改正に伴い、委受託取引の増加が見込まれる中、弊社でも設備投資を積極的に行ってきましたが、平成18年には当社敷地内にGMP適合工場を増築して製薬環境の向上を図り、更なる品質の向上に全社員一丸となって、日々懸命に取り組んでいます。

セルフメディケーション時代の到来に伴い、製薬会社に求められる課題と責務は益々厳しくなるばかりですが、伝統と歴史に安住することなく「改革」と「改善」に取り組んで参ります。これまでも、またこれからも品質を重視し、弊社の製品をご愛用頂いているお客様や製品を納めさせて頂いているお取引先様との信頼を大切にし、配置用医薬品、OTC医薬品、受託製造を三本柱として、微力ながら人々の健康に貢献していきたいと願っております。

代表取締役社長 池田 善揮

経営理念

製品を通して信頼を構築し、人々の健康に貢献する

経営理念

廣昌堂の歴史

沿革

明治39年、池田松次郎氏が家庭薬配置販売業を志し、販路拡張に尽力した。その後従事する販売員に配置得意先を任せ、自らは医薬品製造業に挑んで、大正12年「富山廣昌堂」を創設。頭痛薬ノーエチや胃腸薬さくらひろ等、製品を次々に開発した。昭和19年、国策により共栄製薬と企業合同を為し報国製薬と名を改めるも、戦後の昭和22年に独立して株式会社 廣昌堂を設立し、初代社長に同氏が就任した。同氏の五男一拾氏が大阪にて薬局向医薬品卸会社を創立したことを機に、OTC医薬品の製造にも着手。以後幾多の変遷を経ながら受託製造にも業容を拡げ、平成18年には製薬工場を増築して、生産体制の増強を図り今日に至る。

主なあゆみ

昭和22年 3月
株式会社 廣昌堂 設立
昭和26年 5月
本社工場を新設
昭和27年 6月
現住所に本社事務所移転
昭和33年 12月
現住所に製薬工場を建設。(以降2度にわたり工場増設)
昭和40年 1月
小杉駅前に(株)廣昌堂小杉営業所を新設
昭和51年 4月
廣昌堂本社敷地にてGMP適合工場を新設
昭和55年 7月
小杉営業所を改築
平成13年12月
新包装棟建設(副資材倉庫兼備)
平成18年10月
新製剤棟を現本社工場横に建設
平成24年11月
小杉営業所を本社工場敷地内に移転

会社概要

商 号 株式会社 廣昌堂
設 立 昭和22年3月25日
資本金 3,200万円
代表者 代表取締役社長 池田善揮
従業員数 36名(嘱託・パート社員含む)
事業内容 配置用医薬品の製造
OTC医薬品の製造
医療用医薬品の製造
医薬部外品・化粧品の製造
健康食品の受託加工
事業内容 医薬品82%  医薬部外品・健康食品他18%
本社工場 富山県射水市水戸田2841 TEL(0766)-54-1007
FAX(0766)-54-1088
営業部   TEL(0766)-53-1336
FAX(0766)-53-1338
主な販売先 ノーエチ薬品株式会社、株式会社広貫堂、株式会社天真堂、日医工株式会社、日本薬剤株式会社、協和薬品工業株式会社、家庭配置薬業者
主な仕入先 朝日印刷株式会社、第一三共プロファーマ株式会社、ダイト株式会社、共和紙業株式会社、春陽堂薬房株式会社、丸紅ケミックス株式会社
取引銀行 北陸銀行 小杉支店、商工組合中央金庫 富山支店、富山信用金庫 射水営業部、富山銀行 小杉支店

所在地

本社工場/富山県射水市水戸田2841
Googleマップ 〉〉

リクルート

当社では

  • 医薬品の製造・工程管理
  • 医薬品の品質管理
  • 研究開発

これらをトータルにサポートする管理者・人材を広く求めています。

  • 薬剤師免許を取得されている方
  • 製薬企業で実務経験のある方
  • 使命感を持って、仕事を実行していただける方

お気軽にご連絡ください。

人事担当:池田
noechi1007@hotmail.com